不動産担保ローンはお得で便利ですね

リフォーム費用のため総量規制の無い不動産担保ローン利用

当初は低金利のリフォームローンを検討していましたが、審査に落ちてしまったのです。
やはり低金利のローンほど審査がシビアという話は本当のようですね。
水回りはカビが生えるような状態になっており、水漏れ・つまりなどのトラブルも頻発していました。
リフォームを先延ばしすると住宅の価値を下げることになると考えたので、不動産担保ローンから資金を借りることにしたわけです。
250万円という金額になると無担保ローンで借入するのは難しいですね。
キャッシングやカードローンは総量規制によるハードルがありますから、借入できる上限は年収の3分の1になります。
年収は450万円ほどありますが、これでは250万円を借りることはできません。
何より多目的ローンは初契約の段階で高額融資を受けることはできません。
初めてカードローン契約をしたときは、30万円からスタートしたことを覚えています。
50万円を超える希望額になると収入証明が必要とのことで、ハードルが一気に上がると聞きました。
そうしたローンで250万円の大金を借入するのは無理がありますから、不動産担保ローンに申し込んだのは妥当なところでしょう。
審査は問題なく通過することができ、250万円の借入に成功しました。

当初は抵抗もあったが低金利の不動産担保ローンを申し込むリフォーム費用のため総量規制の無い不動産担保ローン利用不動産担保ローンで充実した生活が送れています用途不問で借りられて早期完済もできた