不動産担保ローンはお得で便利ですね

当初は抵抗もあったが低金利の不動産担保ローンを申し込む

不動産担保ローンを利用したことはなく、担保を設定することに抵抗があったためです。
しかし考えてみれば自動車ローンや住宅ローンも有担保ローンと言えますね。
延滞すれば自動車・住宅を失うことになり、逆にいえば延滞しなければリスクはないわけです。
今回、不動産担保ローンの利用を決めたきっかけはお得に借入できるからでした。
実質年率とはローンの年利のことを指すのですが、不動産担保ローンは無担保ローンよりかなりお得に設定されているのです。
無担保ローンの代表格はキャッシングやカードローンで、ほとんどの金融機関が15.0%以上を設定していますね。

資金調達支援 

日本政策金融公庫 銀行融資 リース 不動産担保ローン 売掛金担保債権 リスケジュール 差入保証金ファイナンス 各種資産担保融資 特定業種向けファイナンス
独自のネットワークを活用し、最善の資金調達を実行いたします。

— ワンストップ事業コンサル (@assistFD) 2019年2月21日
5.0%〜15.0%などと金利に幅を持たせていますが、最初は15.0%からスタートすることがほとんどだそうです。
10.0%などの低金利で借りるためには、相当なVIPとしての地位を確立しないと難しいでしょうね。
実際に実質年率5.0〜17.8%のカードローンを利用したときは、17.8%の上限金利での融資になりました。
低金利で借りるためには無担保ローンでは限界があるので、担保設定ありのローンにしようと考えたわけです。
借入目的はリフォーム費用の調達で、水回りリフォームをしたいので250万円ほど借りたいと考えていました。

当初は抵抗もあったが低金利の不動産担保ローンを申し込むリフォーム費用のため総量規制の無い不動産担保ローン利用用途不問で借りられて早期完済もできた